冬季もドライ知らずのお肌を手に入れませんか?

冬季は模様が乾燥するので、どうしてもお肌も乾燥して仕舞うという人間は多いのではないでしょうか?冬季は仕方がないと諦めているかもしれませんが、見切るのは早いだ。冬季もきちんと保湿され乾燥知らずのお肌は手に入れることができます。スキンケア器材を入れかえるのも一案ですが、財をかけずに日々のふとしたことを気を付けるだけでも、乾燥は防ぐことができます。そんなふとした核心をご紹介します。

ポイントは4つだ。

①洗浄ときの気温は「ぬるま湯」

②優しく「差し止め拭き」

③洗浄先々メーク水は「直ちに」塗りつける

④メーク水は「たっぷり」

では順にご説明していきます。

①洗浄ときの気温は「ぬるま湯」

ぬるま湯は「38℃あたり」で洗浄に最も適した気温だ。毛孔を適度に広げてくれ毛孔のミドルまで綺麗に洗うことができ、お肌の保湿作用である「皮脂」を適度に残してくれるため、乾燥を防いでもらえる。

冬季なので温かいお湯ですすぎたいところですが、40℃以上のお湯で洗ってしまうと「皮脂」を必要以上に洗い流してしまい「乾燥」を招いてしまう。ですから、「ぬるま湯」ですすぎましょう。

②優しく「差し止め拭き」

古くなったごわごわの固いクロスでゴシゴシと拭いてしまうと、これもまた皮脂がめくれやすくなります。ですから柔らかくフワフワのクロスで優しく「差し止め拭き」で皮脂を剥がさないようにください。

③洗浄先々メーク水は「直ちに」つける

洗浄後は風貌が乾燥しやすい状態にあるため、いち早くメーク水で保湿して挙げることが大切になります。直ちにメーク水を塗れるように近くに置いておくといいですね。

④メーク水は「たっぷり」

洗浄後に直ちに塗ることも大切ですが、「たっぷり」つけることがとても大切です。少しだけでは、お肌のミドルまで湿気をあげることができずに時間が経つと直ちに乾燥してしまいます。ですからたっぷりと惜しみ無く塗りましょう。特に乾燥がひどい場合は2,3回塗って挙げると効果的です。池袋で脱毛!~アリシアクリニック池袋編~