シェイプアップしなくては!!宴会フォトを見て感じたこととビューティーへのモチベーションの再燃

私は、元々細いタイプではありませんでした。唯一自慢できる体のところは上肢。上肢だけは手首から二の腕にかけてほっそりしていました。

妊娠した際、臨月を迎える頃には17㎏増量というなかなかのウェイト増量を積み増しました。過度のウェイトの増量あつにつき、徒歩のむくみ・最後は妊娠高血圧になり、初産ということもあったがお産がヤバイでした。ウェイトは増加しましたが、体のデブさは感じていませんでした。

妊娠間ですし太って普通、息子に栄養素がが行かなくなるのでは、と太ったことに対しあまり深く考えずにいました。太った身体に、産後の赤ん坊抱っこで自慢の上肢はムキムキとたくましくなってきました。背中にも付いていた肉が筋肉になり彼氏によくたくましい後ろ姿になったねと言われています。フェア好きでたくましくなったわけではありません。

私だってほっそりした身体になりたいだ。フェア彼氏のこういう発言は各回おっしゃる度に、不愉快気分になります。見返したいと思いますが、減量はなかなか続かず…。そんな時乳児の幼稚園で会合がありました。その際に仲良しの妻支援塊とフォトを食することになりました。するとよくわかります。他の妻と比べると身体が大きい。面構えも大きい。そっちフォトを除きこみ見極める乳児がワンポイント「妻なんか身体が大きいね」笑顔で言われました。

ヤバイへこみました。そこで減量を頑張ろうという思いがわきました。息子がまだ小さいので、一人外に散策・運動をするなんてことはできませんが、お菓子をなるべく食べないようにする。

ごちそうのご飯は少なめにするなど、食べ物から見直すようにしました。すると、ゼロか月で2㎏減少しました。2㎏鎮まる結果、パンツを履いたときの先入観が違う。とても気持ちがいいだ。このまま続けたいところですが、クリスマス・元旦と召し上がる機会が多くなりそうです。こういう二つの祭りを越えると持続できそうかなと思います。

彼氏にはやく痩せたねと言わせられるほど減量に成功望むだ。こちらへ